■シート

N700系グリーン車の座席シンクロナイズド・コンフォートシート

N700系の快適さを体感できるのは座席シートの充実ぶりです。

先ずは座席シートのフラッグシップであるグリーン車の座席に採用された「シンクロナイズド・コンフォートシート」。

N700系グリーン車座席

N700系グリーン車の座席にはリクライニング時に座面がチルトして、後方へと沈む機能が搭載されています。

また、普通車では2席に一つ足元に装備されているコンセントがグリーン車ではセンターアームレストに2つ装備されています。
これならお隣の席の人に気兼ねせずに利用することができますね。

他にも読書灯やレッグウォーマーなども装備されており、飛行機の高額シートに近い感覚になってきました。

また、背もたれのリクライニングを戻す際に、エアアシスト機能でスムーズに戻るように配慮されています。

N700系のグリーン車は「これならば長時間の移動も苦にならない」と思えるような空間を用意してくれています。

では、普通車はどうでしょうか?


グリーン車のシート

グリーン車に乗って一番驚くのはシートの座り心地です。

N700系グリーン車シート

特にリクライニングを利用した時は格段に座り心地が向上していることが分かります。

N700系グリーン車リクライニング

座ってみると分かるのですが、N700系グリーン車にはシンクロナイズドコンフォートシートというリクライニング機能が盛り込まれているのです。

今までのように背もたれ部分が後ろに倒れるだけでなく、座る座位後部が下がって座り心地の向上を果たしています。

乗用車のシートにも似て、長時間座っていてもさすがに疲れませんでした。

もちろん座り心地以外にも、N700系新幹線のグリーン車シートにはたくさんの装備が施されています。

他の装備もチェックしてみました。

N700系グリーン車シートアップ


N700系新幹線に乗ってきました!N700系の快適性や禁煙ルームなどを画像付きでリポート!