■N700系最速のハイテク車両

N700系は最速のハイテク車両

N700系の最高速度は東海道区間270km/h、山陽区間300km/hです。

この最高速度は以前の500系・700系でも実現されていたが、東海道区間では線形が悪く最高速度270km/hを出すことが可能な区間は全体の約3分の1程度でした。

車体傾斜システムの採用

そんな問題を解決したのが、車両傾斜システムの採用だったのです。

車両傾斜システムとは2006年3月にJR北海道が発表したもので、従来の曲線ガイド制御付き自然振り子式と、空気バネ圧制御式の車体傾斜システムを組み合わせた世界初の技術だそうです。

従来の振り子式を上回る8°という傾斜度を実現させることで線形の悪い路線でも、重心の移動を抑えて高速での走行を可能にしました。

この車体傾斜システムを採用することで、東海道区間においてこれまで255km/h制限がかかっていた半径2,500mの曲線区間(60か所)でも270km/hで走行することが可能になり東海道新幹線の約3分の2以上の区間で270km/h走行が可能となりました。

このシステムの搭載と加減速性能の向上により、東京~新大阪間で従来の500系・700系「のぞみ」と比べて5分の短縮が可能となり、最速列車の所要時間は2時間25分となりました。

*参考文献:Wikipediaより


N700系の前面画像

N700系を前面から捕らえてみました。
この先頭車両は最適な形状を見出すべく、飛行機の主翼の開発等に採用されている新しいシミュレーション(遺伝的アルゴリズム)を鉄道車両に初めて応用したのだそうです。

N700系前面画像2

N700系前面画像3

N700系前面画像4

N700系前面画像5

N700系前面画像7

これはプラレールの前面画像でした。


N700系の側面画像

N700系を側面から捉えてみました。

先ずはN700系のロゴマーク

N700系側面1

N700系側面2

N700系の側面にある形式番号と車両番号です。
形式番号は780番台なので普通車です。グリーン車は770番台となります。
車両番号は3000番台なのでN編成と呼ばれている方ですね。ちなみにZ編成は0番台です。

N700系側面3

N700系側面4

これは発車したN700系の側面です。

N700系側面5

運転手さんが乗り込む乗務員ドアです。

N700系側面6


N700系新幹線に乗ってきました!N700系の快適性や禁煙ルームなどを画像付きでリポート!